×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




絵画:アーサー・ラッカム 「ケンジントン公園のピーター・パン」18
Arthur Rackham, "Peter Pan in Kensington Gardens" 18

MIDI:ダカン 「かっこう」
L.C. Daquin : Le Coucou.





 
おはなし18

 ピーターはこのお金で公園に渡る方法を一つ考え出しました。そこで、この5ポンド札の価値を鳥たちに話しました。心のきれいな鳥たちは今さらそれを返せとは言いませんでしたが、物知りであることが自慢のソロモンじいさんはすっかり落ち込んでしまいました。
 ピーターはソロモンじいさんを慰め、元気付けました。
 元気の出たソロモンじいさんに、ピーターは計画を持ち出しました。ソロモンじいさんは、鳥の島の取締役から引退したら裕福な老後を送ろうと、何年も前から靴下にの中にいろいろなものを溜め込んでいました。そこでピーターは5ポンド札から1ポンドという大金を切り取り渡したので、ソロモンじいさんはすっかり満足して、計画に乗ってくれました。
 2人(正確には1人と1羽)は相談の結果、つぐみたちの会議を招集しました。なぜたくさんの鳥の中で、つぐみだけが呼ばれたかですって?それはじきに分かります。