×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




アーサー・ラッカム 「ケンジントン公園のピーター・パン」3
Arthur Rackham, "Peter Pan in Kensington Gardens" 3

MIDI:ブルグミュラー 25の練習曲第4番 「子供の集会」
Burgmuller, "Petite reunion" from '25 Leichte Etuden'.





 
おはなし3

 ケンジントン公園の「幅広通り(Broad Walk)」と呼ばれる、広い散歩道(Walk)があります。これはどの散歩道よりも大きくて、他の道と比べると、お父さんと子どもくらい違います。
 この幅広通りでは、知り合っていたほうがいい子どもには、みんな会えます。けれどそんな子には大抵大人がついていて、ぬれた芝生を歩かないように言ったり、また誰かが「狂犬(mad-dog)」や「メアリー・アン症状」になったりすると、罰としてベンチの隅に立たせました。
 「メアリー・アン症状」というのは、男の子のくせに、乳母が抱っこしてくれないからといって、しくしく泣いたり、親指を加えてにやにやしたりと、女の子みたいになることで、ひじょうにみっともないことになっています。
 「狂犬」になるというのは、手当たりしだいになんでも蹴飛ばすことで、これをやると、いくらかむかっ腹もおさまりますが、やはりとんでもない無作法です。