×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




絵画:アーサー・ラッカム 「ケンジントン公園のピーター・パン」2
Arthur Rackham, "Peter Pan in Kensington Gardens" 2

MIDI:ヨハン・シュトラウス2世 「ウィーンの森の物語」
Johann Strauss II, Tales from the Vienna Woods.





 
おはなし2

 公園に入る門はいくつもありますが、その門の一つから入ってみましょう。
 この門の横に風船をたくさん持ったおばさんが座っています。子どもたちはみんなおばさんに話しかけてから門を通りますが、風船のおばさんはそれ以上公園の中に入ろうとはしません。なぜなら、おばさんは、門の柵にしっかりつかまっていないと、手に持った風船にひっっぱられて、空に舞い上がってしまうからです。
 このおばさんにも新米の時代がありました。彼女の前にいた人が、うっかり柵を放してどこかに飛んでいってしまい、お払い箱になったので、その後釜に座ったのです。
 前の人はとても気の毒ですが、どうせ飛んでいってしまうのなら、その場にいてそれを見たかったという気もします。