×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




絵画:アーサー・ラッカム 「ケンジントン公園のピーター・パン」15
Arthur Rackham, "Peter Pan in Kensington Gardens" 15

MIDI:レオポルド・モーツァルト おもちゃのシンフォニー
Franz Leopold Mozart Toy Symphony.





 
おはなし15

 ピーターの笛は、時に悲しい音色になりました。池の向こうに、公園が見えたからでした。鳥たちはそこで遊ぶ子どもたちのことを話してくれました。ピーターは羨ましくてなりませんでした。自分もあそこへ行って、他の子どもたちと同じように遊んでみたいと思いました。けれど泳ぎの知らないピーターは、公園へはいけませんでした。
 そんなある日、鳥の島へ凧が落ちてきたのです。ピーターは凧を知りませんでしたが、鳥たちが、人間の男の子たちがそれでどうやって遊ぶか教えてくれました。
 そして鳥たちは凧の糸を加え、あげて見せてくれました。引っ張られた凧は鳥よりも高く舞いあがりました。
「もう1度やって!」
 ピーターは叫びました。この時、鳥たちは親切にもう一度やってくれました。ピーターはお礼を言う代わりにまた叫びました。
「もう1度やって!」

 そしてピーターは、偉大な計画をたてました。
「ぼくが凧のしっぽにつかまるから、もう一度やって!」

 さて今度は、百羽の鳥たちが糸を加えて飛び立ったのです。
 ピーターは凧のしっぽにしがみつき、公園の上にきたら飛び降りるつもりでした。