×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

No One Would Listen

フェルナン・クノップフ 「眠れるメデュウサ」
Fernand Khnopff, Sleeping Medusa, 1896.



No one would listen
No one but her
Heard as the outcast hears

Shamed into solitude
Shunned by the multitude
I learned to listen
In my dark, my heart heard music

I long to teach the world
Rise up and reach the world
No one would listen
I alone could hear the music

Then, at last, a voice in the gloom
Seemed to cry "I hear you"
I hear your fears
Your torment and your tears

She saw my lonliness
Shared in my emptiness
No one would listen
No one but her
Heard as the outcast hears

No one would listen
No one but her
Heard as the outcast hears



誰一人 聞く者はいなかった
ただ一人 孤独な少女だけが 聞いた

誰からも顔を背けられ
孤独の中に逃げ込んだ私が
深い暗闇の中で聞いた音楽を

私は闇の世界から這い上がり
外の世界へ この音楽を伝えたいと願った
だが 誰一人聞く者はいない
唯一人 私だけの音楽だった

けれどある日 薄闇の中から 一つの声がした
「聞こえます」

私には聞こえます
あなたの怖れ あなたの苦しみ
あなたの悲しみが・・・

少女は私の孤独を 分かってくれた
この空しさに 共感してくれた
誰一人 聞く者はいなかった
唯一人 孤独な少女だけが 聞いた

誰一人 聞く者はいなかった
唯一人 孤独な少女だけが 聞いてくれた


ジャン・デルヴィル 「死せるオルフェウス」
Jean Delville, Orpheus, 1893.







クリップアート提供:Cloister Arts