×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



絵画:アーサー・ラッカム 『マザー・グース』より 「5月1日に女の子が」
MIDI:プッチーニ 歌劇『ジャンニ・スキッキ』より 「私のお父さん」

Arthur Rackham, "The fair maid who the first of May" from 'Nursery Rhymes'.
MIDI : Giacomo Puccini, O mio babbino caro (Gianni Schicchi)




 The fair maid who, the first of May
 Goes to the fields at break of day,
 And washes in dew from the hawthorn tree,
 Will ever after handsome be.

 5月1日 夜明けの野に出て
 サンザシの木についた朝露で
 顔を洗った女の子はね
 いつまでも きれいでいられるんですって!



 とてもかわいらしい唄です。
 ヨーロッパで春の訪れを祝う五月祭(メーデー)、広場の中心に立てたメイポールの周囲で踊ったり、「五月の女王(メイクイーン)」を選んで花の冠を被せたりする陽気なお祭りです。そのお祭りでの言い伝えを歌ったのがこの唄です。